2,931商品掲載中!見つかるグリーン住宅ポイント交換商品サイト

コレクション0

グリーン住宅ポイント交換商品

グリーン住宅ポイント関連記事

快適な睡眠

2021年07月26日

夏が近づくにつれ、寝苦しい夜が増えてきました。しっかりと寝たつもりなのに朝がつらいと感じる方も多いのではないでしょうか。
いい睡眠には日ごろの運動量や寝る前の習慣、睡眠に適した室温や環境、自分に合った寝具選びなども大切なポイントとなるようです。

「質のよい睡眠」の為に簡単にできそうな事や、寝具選びのコツについても調べてみました。

また、グリーン住宅ポイントの交換商品の中に、「よい睡眠」に繋がりそうな素敵な商品を沢山見つけたのでご紹介します。

快適な睡眠

レム睡眠とノンレム睡眠

インターネットで「よい睡眠」と検索してみると、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という言葉が出てきました。

TVや雑誌でみたことはありますが、「レム睡眠」「ノンレム睡眠」とは一体どういう睡眠の事なのでしょうか。

調べてみると「レム睡眠」とは、体は寝ていても脳は起きている状態の事を言うそうで、眠っている間も脳は活発に働いていて記憶の整理などが行われているようです。
夢を見ているのは、この「レム睡眠」の時だといわれています。

一方「ノンレム睡眠」は深い眠りの状態にあり、大脳もぐっすりと眠っているとされています。

ノンレム睡眠とレム睡眠はひとつのセットになっていて、約90~120分ずつ交代で一晩に4~5回程度繰り返されています。

特に最初の深い眠り「ノンレム睡眠」が大切だと言われており、寝る前に副交感神経を高める事により、質の良い眠りにつけるといわれています。

そして「レム睡眠」のタイミングで起きると、すっきりと目覚めることができるといわれているようです。

副交感を高めるには

交感神経が高まると脳は興奮状態となり、寝つきが悪くなる事がありますが、副交感神経が高まると、脳が落ち着き、熟睡できる状態になりやすいそうです。

ではどうすれば副交感神経を高めることができるのでしょうか。

  • 軽いストレッチ
  • ぬるめのお湯につかる
  • 睡眠に効果的なツボを刺激する
  • ゆったりとした音楽を聴く
  • 肌ざわりのいい触感のものに触れる
  • ココアやミルクなど温かいものを飲む
  • ゆったりとした複式呼吸を意識する
  • 香りを楽しむ
  • 自分にあった寝具を選ぶ

無理なく自分にあった方法でリラックスする事がカギとなるようです。

関連商品

自分にあった寝具選び

「ベッド派」「布団派」と、どちらも硬さやクッション性、フィット感など好みも様々です。

布団の場合は、軽いものだと上げ下ろしが楽です。
背の高い人には、足が出てしまわないようにロングタイプがおすすめ。

通気性や保温性に加え、厚みも大切なポイントとなります。 敷き布団の厚みが薄いと感じる場合は、布団の下にマットレスを敷くのもよいでしょう。

掛布団については重さも重要。
季節によっては、タオルケットや肌掛布団、毛布など気温や室温に合わせて調節するとよいでしょう。

ベッドの場合、体の沈み込みや寝がえりの打ちやすさに加え、広さ、高さもポイントになります。
膝や腰に痛みがある人には、少し高さがある方が立ち上がりが楽なのでおすすめです。

最近は簡単に高さ調節ができるタイプのベッドも発売されているようなので要チェックですね。

折りたためるタイプのベッドは、使わないときは畳んでコンパクトに収納できるので、来客用にも便利です。

その他まくら選びも重要で、合わない枕を使っていると、肩こりや腰痛、いびきなどの原因になるとも言われているようです。

高さは、仰向けで寝ることが多い方の場合は、首の骨が緩やかなS字カーブになる高さがよいとされており、横向きで寝ることが多い方は、首と背筋が床と平行にまっすぐになる高さがよいとされているようです。

関連商品

グリーン住宅ポイントで交換できる寝具

グリーン住宅ポイントの交換商品の中には、寝具の他に快適な睡眠に役立ちそうな商品が沢山あるので、探してみてくださいね。

関連商品