3,610商品掲載中!グリーン住宅ポイント交換商品ポータル

コレクション0

グリーン住宅ポイント交換商品

グリーン住宅ポイント関連記事

おうちDIY!ヴィンテージ家具をつくろう!

2021年09月13日

「おうちDIY」という言葉ももう当たり前になっていますよね。挑戦されている方もたくさんいらっしゃると思います。
今回は今からやってみようと思っている方、もうワンランクアップのDIYに挑戦しようと思っている方などに、DIYの始め方からおススメ工具までご紹介していきたいと思います!

おうちDIY!ヴィンテージ家具をつくろう!

おうちDIYの始め方

DIYのメリットは自分好みのオリジナルな作品が作れたり、既製品より安く作れること。また完成した時の達成感や充実感がおうちDIYの醍醐味ともいえます。
そこで「漠然とDIYしてみたい!」という方でも始めていただきやすい順序などを調べてみました。

1.どんなものが作りたいかイメージする

ココの収納スペースが欲しい、コレを可愛くディスプレイしたいなど、おうち生活をより快適にするためにいろいろと思い描いてみましょう。
最初は失敗しないような気軽に挑戦できるものから始めてみるのもいいですね。

2.設計図を書く

難しく聞こえるかもしれませんが、これだけおうちDIYが浸透しているのでネットで検索すると色々でてくるので参考にされるといいですよ。設置する場所の採寸や、完成サイズなどもこの段階でしっかり書き込んでおいた方がいいですね!

3.材料を集める

必要な工具と材料を書き出し、必要な数・材質・サイズも書き出しておくと購入の際便利だと思います。
いきなりたくさんの工具を用意するのも大変なので、最初はホームセンターなどの木材カットのサービスを利用されるのも良いかと思います。

4.組み立て・塗装

塗装をされる場合は組み立てる前に塗装の工程をされるのがおススメです!また、金具やキャスターなども組み立ての前にしておくと作業がしやすいと思います。

持っていると便利な工具

DIYをされるのに必ず必要になってくる工具!
何を揃えればいいのかたくさん種類もあってわからないですよね。そこで初心者の方でも持っていると便利な工具をいくつかご紹介したいと思います。

ノコギリ(電動丸ノコ)

DIYをされる上で欠かせない道具のひとつです!
手動と電動と種類があり女性は刃渡りが短めのものを選ばれる方が使いやすいかもしれませんね。
また、厚みのある木材や連続して切る場合は電動の方が作業効率も良いでしょう。

サンドペーパー(サンダー)

木材の表面などを整えるためには必要なアイテムです。
ヤスリ掛けをすることで塗料の乗り方や見栄えも良くなるのであって損はありません!また広い面をヤスリ掛けする場合はサンダー(電動ヤスリ)がとても便利です。

ドライバー

こちらはネジ締めなどDIYでの基本となる組み立て作業で役立つアイテムです。電動タイプのものですと、先端の工具を取り換えるだけで穴あけドリルとしても利用できますし、1本常備しておくとおススメです!
電動タイプにはドリルドライバー(薄めの木材・タイルなどデリケートな場所のネジ締め、穴あけ向け)とインパクトドライバー(かたい素材・長いネジ締めなど大型家具の組み立て向け)の2種類あります。
ご自身の使い勝手に合わせて種類を選んでいただければいいかと思います。

他にも工具はたくさんありますが、最初から一気に揃えなくてもDIYの機会が増えていったら買い足していくのもいいのではないでしょうか。

おススメ! DIYでおしゃれヴィンテージ家具

DIYで色々な家具が作れたらいいなぁ。と理想は膨らみますよね。
しかし最初から大型家具に挑戦してしまうと完成が難しく、DIYに苦手意識を持ってしまうかもしれません。なので最初は工程が簡単なものから始めてみましょう。

そこでおススメなのは、ホームセンターや100均でも材料が手に入りやすい「すのこ」を使ったDIY家具です!
「すのこ」+「アイアンバー」でマガシンラック
「すのこ」+「板材」でディスプレイ棚や食器棚
工程も簡単でDIY家具が楽しめるのでおススメです!

そして簡単に挑戦出来るものだからこそ、自分らしいこだわりを入れてみるのも面白いですよ!
例えば下記のようなヴィンテージ風な色に塗装するだけで、シンプルなものでも一気におしゃれ感がアップします。

ブライワックス

ひと塗するだけで使い込まれたような風合いに仕上がります。

重ね塗りで汚れを作る

茶色・黒などベースの色を全面塗り、乾いてから白を全面重ね塗りします。完全に乾いたらヤスリを使ってお好みで削っていくと、年季の入ったような「汚れ」加工が出来上がります。

このヴィンテージ風の塗装は小物や大型家具など様々なものでアレンジしていただけますので、ぜひみなさんも楽しんでみてはいかがでしょうか。