3,610商品掲載中!グリーン住宅ポイント交換商品ポータル

コレクション0

グリーン住宅ポイント交換商品

あったか暖房器具特集

あったか暖房器具特集

石油ファンヒーターや電気ストーブなど、秋から冬に活躍する暖房器具をご紹介。
自分にぴったりの暖房器具を見つけて暖かく快適に過ごしましょう。

暖房器具の種類と特徴

石油ファンヒーター

灯油を燃焼させ、送風ファンによって熱を排出して部屋を暖める石油ファンヒーター。
換気や給油をする手間がありますが、暖房範囲が広く、即暖性が高いので部屋をすぐに暖めることができます。

グリーン住宅ポイント商品:石油ファンヒーター

石油ストーブ

灯油を燃焼させ部屋を暖める石油ストーブ。
給油や換気が必要ではありますが、部屋全体暖めることができます。
石油ファンヒーター同様、換気が必要だったり給油をする手間がありますが、給電せずに使えるのでキャンプなどのアウトドアの他、災害時にも利用できます。

グリーン住宅ポイント商品:石油ストーブ

電気ストーブ・セラミックファンヒーター

電気ストーブやセラミックファンヒーターは部屋全体をすぐに暖めることよりも、身体を直接温めることに適しています。
暖房範囲はやや狭く、消費電力が少し高めですが、他の暖房器具と比べて、コンパクトで持ち運びに便利なので台所や脱衣所など狭い部屋での使用がおすすめです。

グリーン住宅ポイント商品:電気ストーブ・セラミックファンヒーター

エアコン

エアコンは、部屋全体を効率良く暖め、温度をコントロールすることができます。
暖房性能だけではなく冷房も備わっているため、夏に部屋を涼しくすることも可能。
部屋が暖まるまで時間がかかるのと、上から送風するので暖かい空気が上に溜まりがちになってしまうのが難点ですが、いずれのメーカーのモデルも電気を使うのでやけどの心配もなく、子供部屋での使用や赤ちゃんがいる家庭にもおすすめです。

グリーン住宅ポイント商品:石油ファンヒーター

暖房器具選びのポイント

上記で暖房器具の種類と特長をそれぞれ紹介しました。その他、機能ごとにチェックしておきたいポイントをご紹介します。

電気代・燃料費

電気代・燃料費ではエアコンやファンヒーターがおすすめ!
石油ファンヒーターは電気代にプラスして、灯油や電気料金がかかります。電気代に関しては比較的安く抑えられますが、灯油は原油価格の影響で高くなる可能性もあります。
エアコンやファンヒーターは電気代のみ。最近の機種は節電モードがついているので、電気代はかなり抑えられます。
ただし、節電機能のついていない古い機種のエアコンやファンヒーターは電気代が高くなりがちなので要注意!

グリーン住宅ポイント商品:電気代・燃料費で選ぶ暖房器具

速暖性

速暖性では石油ファンヒーターがおすすめ!
石油ファンヒーターは、ファンの力で暖めた空気を循環させるため、素早く部屋を暖めることができます。
一方で、やけどや火事の危険性も高いため、十分に気をつけて利用する必要があります。

グリーン住宅ポイント商品:速暖性で選ぶ暖房器具

安全性

とにかく吸引力が強いのがいい!がっつり掃除がしたい人はキャニスタータイプがおすすめ!

ダイソンキャニスター掃除機は大きなモーターを搭載し、フローリングやカーペットなど場所を選ばず、多くのゴミを吸い取れる圧倒的な吸引力が特徴です。
本体を引きながらかけるので機動性が心配なところですが、セルフライティング機能を搭載したモデルは倒れても自動で起き上がるので、機動性の悪さを解消しています。

グリーン住宅ポイント商品:安全性で選ぶ暖房器具

その他チェックポイント

部屋をより暖かくするには加湿器との併用がおすすめです!
室内を加湿することで熱伝導効率が上がるので、暖房器具の補助を行うことができます。

また、エアコンは部屋の上部に設置されているので、暖かい空気は上へいきがち。
そこで、サーキュレーターや扇風機を天井に向けてエアコンの下に置くことで暖かい空気を循環させ、温度を上げずに部屋全体を効率的に暖かくすることができます。

おすすめ暖房器具

まとめ

暖房器具とひとことで言ってもその種類や機能はさまざまです。どんな場所でどう使用したいかをイメージして選ぶのがおすすめ。最近のモデルには、生活シーンに合わせて最適なモードを選べるシリーズもあるのでチェックしてみてください。